BLOG

昨日のリラクゼイションのお客さんの話

2019/03/20
ロゴ

こんにちは、千葉の整骨院、要町整骨院長の安藤です

今年二月から、施術方法を変えた事と、似てるようでまったく違う世界で、実践することで、整骨院の施術終了後 歩いてモノレールのよしかわ駅そばのリラクゼイションの店に修行している。

勤めて一か月半が過ぎようとしている。

システムに慣れれば、今は苦にならなくなったる

昨日のお客さんの話です。

まず、最初にお尻から下をもみほぐし、希望で腰と背中は、触らないでほしい。

最近 背骨に異常わかったらしい。

私云われたとうりに、まず大殿筋、中殿筋をもみほぐし,大腿部、ふくらはぎと、揉みほしていると

あと、何分あるか、聞いてきた そこで二十五分あります、と答えると 頸を死ぬほど、強く押してほしい

との希望、本人の希望どうり、これでもかという位押した。

さすがに、私の指も悲鳴をあげている。ここで腕を耳につけるよういして、大胸筋を肘で押すと。

右肩が百二十度ぐらいで 痛みだし、それ以上あがらなかった。

あと五分で終了を告げ まだ揉みほぐし、してほしいところを聞くと右肩をリクエストしてきたので、

肩甲骨回りでは、天宗というツボを、曲池のツボ、肘付近の筋肉を下から、絞り上げ前腕部の筋群をほぐした。患部を耳にちかづけると、さっきまで、痛がって挙げられなかった腕に痛みは、消えていた そこで時間になり、終了 疲れたが、お客様の笑顔が、疲れと指の痛さを吹き飛ばした。

最後に、同様にお悩みの方は千葉の整骨院、要町整骨院にお気楽に相談してください。