BLOG

昔の話のつづき

2018/09/26
ロゴ

佐藤整形外科を二年研修した後 今度は足立区北千住の蔦谷接骨院に

一年間お世話になりました この接骨院は隣に道場と六畳位の治療室

蔦谷先生は明治生まれで 二十年間八段で講道館常任理事 七段八段

の審査委員 東京都柔道場会長 警視庁柔道師範 保護師もしておら

れ大変忙しい先生でしたので 施術者は私と雑用係りとして ここに

住み込んでいる方と二人ということで 患者さんをみるのですが 当初暇すぎて 将棋ばつかりしていました と云うのも前の弟子が蔦谷

先生がいない事をいいことに 来る患者さんになにか物を持ってこい

と云っていたのが評判になり 患者さんが激減したらしい その弟子

を辞めさせ 誰かいないかと云う時声がかかったということです

勤めて半年ぐらいで六十人超えるようになり 昼休みに往診もして

忙しくあっという間の一年間でした ここでの記憶に残っている事

書きます ひとつは道場の門人で 高校生の時は暴走族で悪かった

男が柔道で更生し埼玉県某市にスナック開店したのですが その

地元ヤクザにお金を要求され いやがらせを受けていた その事を

道場の門人で警察関係で柔道五段のH氏解決したのです

あとひとつは十二月三十一日 蔦谷先生と私と先ほど登場したH氏と

住み込みをしてる人の四人で 寅さんで有名な葛飾柴又帝釈天にお参りしたの事です 帰りしなに急に飴を舐めたいと云うのです 私が水あめ買ってきて先生に渡して舐めたところ入れ歯に飴がくっいて コートを汚したのです その時先生は今まで見たこともない顔で こう

云ったのです 女房に怒られると心配してた顔が記憶に残っています

今日はここまで

 

道場門人で